仕事

正社員を辞めて自由な働き方にシフトする時代はすでに来ている!

freenalife

皆さんこんにちは。しいです。

皆さんは今どのような形で仕事をしていますか?

この記事を見てくれているということは多くの人が、正社員で働いているかと思います。

正社員の中でも今の働き方に納得のいっていない方に向けて今回はもっと自由に働ける環境を見つけてほしいと思い執筆に至ります。

こんな方におすすめ

  • 正社員として働いていて不満を感じることがある方
  • もっと自由な働き方をしたいという方

この記事を書いている私も実際に今は正社員を辞め、現在は派遣社員として働いています。

私は正社員より派遣としての働き方の方が自分にストレスがないことを感じています。

この記事を読めば自分に合った働き方をより自由に考えられます。

そして正社員という肩書にとらわれずに働く思考に変わります。

では早速行ってみましょう!!!

正社員を辞めて自由な働き方にシフトする時代

freenalife

以前までの日本は会社に入り正社員として働くことが当た前のような風潮がありましたが、今はそんな固い時代ではありません。様々な形の働き方があります。

その中でも、簡単に自由度が高まるのが派遣社員や契約社員という立場。正社員から派遣社員・契約社員になるだけで大分変ります。

正社員から派遣社員にシフトすることでどのような変化があるのかをこれからお伝えしてきますね!

正社員で働くという固定概念は捨てろ

日本では男女問わず現在も正社員としての雇用形態が主流です。

ですが年々非正規として働く人達が年々増加しているんです。

そして今後も増え続けていくことが予想されます。

こちらのデータを見てください。今年の正規職員は3494万人で前年より18万人増加。

そして非正規職員も2165万人で前年より45万人に増えています。

freenalife引用元:総務省統計局HPより

こちらのデータは年齢階級別の非正規職員の割合です。

65歳以上の高齢者の非正規職員の次に多いのが15~24歳の階級です。年々上昇傾向にあります。

freenalife

引用元:総務省統計局HPより

非正規職員になった理由として一番多かったのが「自分の都合のよい時間に働きたいから」が2165万人とダントツです。

freenalife

引用元:総務省統計局HPより

このデータを見て分かるように自分の時間を作りたい人達が非正規の職員として働いています。

もちろん正規の職員として働いている人がまだまだ多いですが派遣や契約社員にシフトして行っている人も多いようです。

またフリーランスとしてやっていきたいという若者が増加していることも理由の1つだと考えられます。

正社員で働くという昔のような固定概念は崩れてきています。

そして今後さらに働き方の選択肢が増え正規雇用にとらわれない形態が増えていきます。

オリジナルな価値を仕事に

freenalife

もっと自由に働きたいとは言ってもまだまだ正規雇用の方が安定。

それにしっかりと福利厚生もあるし、と結局正規雇用として働いている人も多くいます。もちろんそれも一つの道です。

安心・安定を第一に考えるのであれば正社員の方がいいです。

ですが働き方を1番に選ぶのであれば道はそれだけではないんです。

今の時代、団体ではなく個人で戦うことのできる時代になりました。

そしてそれは今後もさらに個人で戦えるフィールドが増えてきます。

つまりフリーランスでの仕事でやっていける時代へと変化していくのです。

その時代の流れに合わせて自分だけのオリジナルな仕事そして働き方が出来ます。

大企業の会社に入っていいことの1番はネームバリュー。これは確かにその会社に入った人にしか得られない特権。

ですが自分自身に実力がないと何にもならないですよね。

その会社を辞めた時に残るものって大企業であろうが中小企業で働いていようが同じような経験。

どこの会社でも営業や事務などある程度の仕事内容は変わりません。

それならもっと自分に興味があること将来を見据えたキャリアを積んだ方がよっぽどこれからの時代に合っています!

そこで一番大事なのが自分には何が得意分野でどんなことを仕事にしていきたいか。

自分にしかできない何かが誰しもにきっとあるはずなんです。

まずは自分だけのオリジナルな何かを見つけることがきっと仕事として生かせることがあります。

では自分にオリジナルな価値をまだ見つけることが出来ていない方はどのようにそれを見つければいいのでしょうか。

自分に合った働き方を見つけよう

freenalife

自分に合った働き方を見つけるために一番大切なことは自分自身とまずは向き合うこと

他の人からの意見も大事ですがまずは自分で自分のことを理解していきましょう。

そして最高な働き方を見つけるためのポイントは大きく分けて3つ!

  • 過去の自分を振り返り自己分析
  • とりあえず行動してみる
  • 自分の中で居心地のいい環境かを感じよう

自分らしい働き方を見つけるためにはこの3つを行えば必ず見つけられます!

実際に詳しく説明していきます。

過去の自分を振り返り自己分析

先ほども言いましたがまずは、自分のことを自分が理解すること。

これが1番大切です。就活の際に自己分析をした方もいらっしゃると思いますがそんなきっちりとしたものでなくても大丈夫!

本当に小さな趣味からやっていて楽しいこと、笑顔になる時ってどんな時か。

などなど自分が楽しんでいる瞬間を思い浮かべてみてください。(ここではマイナスなことは書く必要はありません。)

そこから枝分かれし詳しく掘り出してみましょう。そしてそれを実際に紙に書いてみましょう。書くことで自分のことを理解しやすくなります。

とりあえず行動してみる

まずは自分のことを理解できたらそこから連想できる仕事を探しやってみる。

そこでは会社の名前で探すというよりは自分のやりたいことができる場所を探します。

日本には約170万の会社(法人)があります。(個人事業主を足したらその倍!)このとりあえず行動してみるということが大きな第一歩です。

小さい仕事でもとりあえずやってみることが大切です。最初はボランティアとかでも良いかもしれません。何か動いてみてください。

正社員となると会社に入社する前にしっかりと考えてから決めますが、非正規は契約がまず1か月からある場合もあります。

契約社員として1回働いてみることが可能です。

その後自分に合っていたら契約を更新することもできるのでとりあえずやってみるという行動が大切です。

自分の中で居心地のいい環境かを感じよう

実際に行動したらそれが自分にとって楽しいのか、達成感はあるのか、そして一番感じてほしいのはストレスなくやれているかということ。

自分にあった働き方っていうのはストレスがあるかないかで大分変わります。

非正規だと特に会社の為という縛りが無く正規の正社員より自由な時間は断然増えます。

就業時間も決まっているところが多いので仕事以外でのプライベートな時間がちゃんと取ることが出来ます。

その環境で自分は居心地がいいか、一度考えてみてください。

【実体験】正社員から派遣社員へシフトでストレスフリー

freenalife

では派遣社員になって実際にどのような変化があったのか自分の経験を踏まえお伝えしていきます!

正社員という枠組みに違和感【会社の中の1人】

freenalife

もともと、私自信ももちろん(?)正社員として入社し、仕事をしていました。

ITの会社で比較的働きやすい環境ではあったかなと思います。

ですが、働いている感覚としては、会社の一員としての責任感が大きいということ

これは性格にもよると思います。割り切って働ければいいのですが、どうみられるか、会社としての判断はどっちが正しいのか。

そんなまだ会社に入社してのぺーぺーがそんな責任を取らされる立場でもないのに強く責任感を感じる性格でした。

その責任感が日々の小さな小さなストレスとして積みあがっていっていました

このストレスは決して消えることはなく、むしろ仕事を行っていくうちに色々な案件を任されストレスはたまっていく一方。

そう感じたときに自分にはこの会社という枠組みの中で働いている以上、このストレスは永遠に続くんだなと気づきました。

そこで会社という枠内で働くことを辞める決断にいたりました。

これは、仕事の内容どうこうではなく、会社の1人として会社が背後にあることでの精神的なストレスなのでたとえ会社を辞めて新しい場所で再度正社員として働くとしても変わらずストレスは抱えていたと思います。

派遣社員という道を選んだ理由①【仕事を全うするのを夢にチェンジ】

ではなぜそこで派遣社員という道を選んだのか。

大きな理由は仕事に費やす時間が1日の大半を占めるから。

ん?理由になってなくない?と思う方もいらっしゃると思いますが、逆に言うと仕事に費やす時間が1日の大半を占めるから仕事での目標を持ち、正社員として実現できる昇格や昇給を目標にしていたからです。

ですが、その気持ちも捨てました。

確かに1日の半分以上は仕事に費やします。

せっかく仕事をするなら自分のモチベーションに繋がる仕事ややりがいを感じる仕事をする方が人生のためにも充実した経験を得られると感じていました。

ですが、この考え方だとどうしても自分を犠牲にしている時間が増えすぎると思ったんです。仕事が終わったとしても、その仕事の為の準備や飲み会など、1日の半分どころか1日全体が会社のために考えている日々になってしまう。

私にはその生活は無理だと思ったんです。

それなら仕事自体を自分の最低限の範囲でやろうという考え方に変わり、派遣社員という道を選びました。

派遣社員は職種にももちろんよりますが時間はきっちり決まって、社員さんのように残業もないところがほとんどです。

派遣なので、会社との距離もある程度ありやるべきことをやればそれだけで十分というスタンスです。

なので、今まで昇格や昇給にこだわっていた目標を捨て、仕事を全うするということを目標にし、日々仕事をこなしています。

やりがいに関しては、正直社員の方がありました。

ですが、私は大きなやりがいに伴うストレスには耐えられないと感じていたので、やりがいよりもストレスフリーで仕事をすることを1番に考えた結果、今は派遣社員としてストレスなく働けています。

どんな仕事でもやりがいを感じる度合いは違いますが人の役に立っているから働くわけで、どれもやりがいに繋がることには変わりありません!

派遣社員という道を選んだ理由②【自分の時間を作って新しいことに挑戦】

仕事以外に自分の時間を持つことによって、自分と向き合う時間がとれます。

そのため、自分のやりたいことに挑戦できます。先ほどお伝えしたオリジナル価値を見つけるために考えるゆっくりな時間を作れます。

オリジナル価値を見つけるために始めた1つがこのブログを書くということです。

現在私はこの記事のように自分の経験を発信しています。個人で戦う時代に伴って、私も自分自身の価値を生み出すため、自分にしか経験してきていないことを発信していこうという道に進んでいます。

正社員として働いている時には思いもつかなかった挑戦ですが、時間を作ることによって新しいことに挑戦できています。

仕事がすべてではありません。

時間と心に余裕を作ることが出来れば、仕事以外にもやりがいを感じることもでき、何より自分のやりたいことがやれていて楽しいです!

アフター5の時間が充実!【仕事後の付き合いなし!】

自由なが増えるということが派遣社員や契約社員の一番の魅力です。

正社員を辞め派遣社員になることによって仕事終わりの時間がかなり充実しました。

正社員の頃にあった仕事の付き合いもなくなり、身体だけでなく心も仕事に関しては一切考えず自分の好きなことに没頭できます。

また社員の頃のように明日のことなどを考えることもないです。

契約社員だからと言って責任感を持たず仕事をするのは違いますが、正社員の頃よりは楽な気持ちで働けるようになっています。

趣味でも食事でも家族の時間でも夜の時間って意外にあります。

その時間を使って自分のやりたいことをやれるのでリフレッシュできます。

まとめ

freenalife

「正社員の働き方から自由な働き方へ」という内容を書いてきました。

内容をまとめると

  • 正社員という働き方に執着しなくても今の時代は大丈夫
  • 派遣・契約社員は正社員ほどの責任感を感じなくてもいい
  • 正社員を辞めることによって心に余裕ができ自分の時間が作れる
  • 余裕ができることによって新しいことに挑戦できる

視点を変えるだけで、正社員で辛い思いをしている方や不満を感じている方にとっては正社員以外で働くことは良いことしかありません。

契約社員やバイトなど非正規の職員として働いている人たちが年々増えています。当たり前の働き方なんです。

正社員だと責任を持たなければいけないような重圧がありますが、契約社員となると正社員よりかはその精神的な重圧が減ります。

もちろん仕事をする上で自分のやっている仕事に責任を持つことは当たり前ですが残業や休日出勤など仕事に費やす時間や気持ちがなくなります。

正社員から転職を考えている方、正社員でやることがストレスと感じることがあれば非正規の道も悪くないということを知っておいてほしいです。

自分の働き方について再度見直してみてください!そして自分に合った働き方が見つかることを願っています!

(派遣社員や契約社員での給料事情についての記事も今後書いていきます。)

  • この記事を書いた人

しい

自分の考えや価値観そして経験を生かした情報を発信しています!私のブログを読んで皆さんがフリーになれるようなそんな発信を心掛けています。

-仕事

© 2021 しいぶろ Powered by AFFINGER5