ワーホリ・海外旅行

留学生・ワーホリで多く利用されている格安おすすめ海外旅行保険「ユニケア海外旅行保険」

freenalife

こんにちは。しいです。

皆さん、留学やワーキングホリデーで海外に行く際に、入っておくべき保険。

どこの海外保険が良いのか迷っていませんか?

そんな方々の為に、今回は多くの留学生やワーキングホリデーの方が利用している格安で安心な海外保険をご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • どこの海外保険に入ればいいのか迷っています
  • できれば安くて手厚い内容がいいな

 留学やワーキングホリデーにおすすめの海外保険

さっそくですが最初に話します。

私の入っていた海外保険は「ユニケア海外旅行保険」という会社です。

「ユニケア海外旅行保険」ってどんな会社?

unicare

このユニケア海外旅行保険は、ニュージーランドで設立された保険会社で現在はニュージーランドとオーストラリアに長期滞在する方向けに作られた保険になっています。留学生だけでなくワーキングホリデーなどの仕事で来られる日本人の方々も対象になっておりニュージーランドもしくはオーストラリアで長期滞在する方は、太平洋諸島・バリなどへの旅行中も保険が可能になるとてもお勧めの海外旅行保険です。

さらに、すでにニュージーランド・オーストラリアにいる方でも加入が可能になっています。

※ニュージーランド在住者はご利用にはなれません。

そして

何より価格が安い! 1年間滞在してても6万円!!

他の海外保険会社では1年間も滞在していると10万円以上が当たり前です。

日本でもありえないくらいの価格です。

こんなに安いのにちゃんと補償されているんです。

では、なぜこんなに安いのかはこれから詳しくご説明しますね。

なぜこんなに安く加入できるの?

unicare

皆さんが一番気になるのはここだと思います。

安いからちゃんとしてないんじゃないの?補償されている内容が他の保険会社と比べて少ないんじゃないの?と思っているはずです。

ですがそんなことないんです。

安い理由①~日本語での24時間サービスがない~

日本語での24時間サービスがない

これが一番の理由かもしれません。

残念ながら英語のみになります。ユニケアが日本の保険会社の保険料と比べ、かなり安い理由は24時間日本語対応サービスがないことも一つの理由です。ウィングオセアニアは、営業時間内にてクレームにつきましての日本語対応はいたします。           (ウィニングオセアニアHPより引用)

安い理由②~最初は自分で支払い~

治療費はいったん自分で払い後日返金請求を行う必要がある。

医療の場合

基本的には、24時間日本語サービスと加入者がお支払いをする必要がないキャッシュレス・サービスの有無です。ユニケアの場合、治療費はご本人で一旦建て替え、後からクレームで返金請求を行うことになります。((ウィニングオセアニアHPより引用))

なので、治療費は先に自分が用意しておかなければなりません。後日病院などで治療内容が記載された請求書を受け取る必要があります。

ちなみに

盗難や紛失の場合

警察署で盗難/紛失を報告してレポートを入手。もし、レポート作成が出来なければ、その盗難/紛失報告の受理番号を控える。((ウィニングオセアニアHPより引用))

もし、レポートなどが揃わない場合でも一度ユニケアに報告しユニケア側の判断で受け入れ可能となります。

他にもクレームの仕方について詳しく知りたい方はこちらでご確認ください。

安い理由③~医療損害がメイン~

ユニケア保険は医療損害に焦点を当てた保険

だいたい日本の海外保険は死亡したときに焦点を当てた保険になっています。ですがユニケア海外保険は医療に焦点を当てた保険となるので価格が日本のものに比べて安くなっているのです。

ユニケア海外旅行保険の補償内容

unicare

では次に保険に含まれている補償内容についてです。

①損害保険 医療費は制限なく補償される

安いにも関わらず、賠償責任の補償は日本の海外旅行保険より手厚く、治療費用も無制限となっています。

②学校に前納して返金されない授業料、ハイジャック、誘拐、誤認逮捕に対する補償等

③日本出国後のオーストラリア・ニュージーランドまでの乗り継ぎについては、9日間まで補償される

申請をすれば、9日間以降も期間を延長することが可能です。

④ニュージーランド拠点の場合のオーストラリアへの旅行と南西太平洋諸島、バリ、ロンボックなど近隣国への旅行の補償

こちらが1か月間限定になります。旅行についてはトラベルアップグレードを申し込む必要があります。

海外保険の内容としては十分なものになっております。

いくらまで補償されるのかの詳細はこちらでご確認ください。

ワンポイント☆

私はニュージーランド滞在中にフィジーへ1か月留学に行くことを決めた際にもこのユニケアの保険に入りました。

もし、旅行などに行く際はメールで見積もりをしてもらうことも可能で対応も早かったです。

海外保険のことをすっかり忘れていて行く直前に気づき約3日前に連絡を入れましたがすぐに返信が返ってきたので無事にフィジーでの1か月安心して過ごすことが出来ましたが、早いに越したことはないので旅行に行く際は余裕を持って申し込んでおきましょう。

ユニケア海外旅行保険の料金詳細

unicare

ユニケア海外旅行保険には3つの商品プランがあります。

【ニュージーランドビジター】 ニュージーランドへワーキングホリデー、仕事、または長期観光目的で渡航される方。
【ニュージーランドスチューデント】 ニュージーランドへ留学される方。
【オーストラレジアン】 オーストラリアへワーキングホリデー、留学、仕事、長期観光目的で渡航される方。

それぞれのプランによって同じ期間でも多少金額が変わってきます。

以下の表をご参考までに。

期間 NZビジター NZスチューデント オーストラレジアン
3ヶ月 NZ$257.44 NZ$202.57 NZ$302.00
6ヶ月 NZ$435.87 NZ$326.84 NZ$508.00
9ヶ月 NZ$615.31 NZ$451.11 NZ$715.00
1年 NZ$803.00 NZ$582.52 NZ$932.00

ユニケア海外旅行保険の特徴まとめ

こちらのサイトでは見積もりも組むことが出来ます。

自分の滞在期間によって料金も変わってくるのでぜひご確認ください。

ユニケア海外旅行保険の特徴をまとめると

  • どこの保険会社よりも安く加入が可能
  • それに加え医療費は無制限に補償
  • ニュージーランド・オーストラリアからの別の国への旅行の際も1か月以内であれば補償可能(トラベルアップグレード申請が必要)

1番注意してもらいたいのは

※日本に帰国した時点で保険期間が残っていても強制的に契約は終了になることです。そして、残りの保険金の返済などはありません。

再度日本から海外に行く場合は保険に入り直しておく必要があります。(2020年12月現在)

最後に

unicare

ユニケア海外旅行保険は本当におすすめの海外保険です。

何もないことが一番ですがもし何かあった時の為に一応入っておく保険。それがこんなに安いのにしっかりとしている海外保険なんです。

私の周りにも沢山このユニケア海外旅行保険を利用している人達がいたので結構浸透している会社でもあります。

気になることがあればすぐに連絡もできるのでぜひまだ海外保険をどこにしようか迷っている人はぜひユニケア海外旅行保険も検討してみてください!

  • この記事を書いた人

しい

自分の考えや価値観そして経験を生かした情報を発信しています!私のブログを読んで皆さんがフリーになれるようなそんな発信を心掛けています。

-ワーホリ・海外旅行

© 2021 しいぶろ Powered by AFFINGER5