フィジー ワーホリ・海外旅行

1か月間のフィジー留学に行った感想【メリット・デメリット】

freenalife

こんにちは。しいです。

語学留学を考えている皆さん!

フィジーに留学ってどんな感じなのか気になりませんか?

オーストラリアやカナダとかは想像つくけど、フィジーって留学どうなの?と思っている方!

今回は、実際にフィジーに行ってみての感想やメリットデメリットなど、フィジーに行ってリアルに感じたことをお話ししていきます。

私はフィジーに1か月の短期留学に行ってきたリアルな感想なのでぜひこれを参考にして自分に合った留学先を見つけてもらいたいです!

こんな方におすすめ

  • フィジー留学が気になってる
  • フィジー生活のリアルな情報が聞きたい
  • 語学学校ってどんなところがあるの?

1か月間のフィジー留学に行った感想【メリット・デメリット】

1か月のフィジーでの生活でしたがメリットデメリットもちろんあります。

良いこともありますが、その分悪いこともあります。

人それぞれの価値観によってもフィジーは合う合わないあると思うのでぜひ読んでみて、自分にフィジー留学が合うのかどうか考えてみてくださいね!

フィジーってどんな国?

freenalife

まず、フィジーについて軽く説明します。

フィジーは南太平洋の国!じつはフィジーって300もの島からなる国なんです。

そしてその中にはマナ島トコリキ島などのリゾートアイランドが沢山あります。

旅行のベストシーズンは6月~9月ごろです!乾季でとても過ごしやすいサマーシーズン。

日本との時差は3時間!思ったより時差がないので電話も普通にできますよ!

日本からフィジーは飛行機で約7時間。成田からの直行便もあります。

料金はLCCで約5万円~!南半球に行くのに5万円で行けるのは魅力的ですよね。

フィジーはリゾート地で有名ですが、留学としても今は隠れ人気国です。

リゾート気分味わいあながら英語を勉強する環境って最高ですね!

それではここからは1か月の留学を経験して伝えたいことをご紹介します。

フィジー留学のメリット

freenalife

まずは、フィジーのメリットについてです。

メリットは大きく分けてこの4つ!

  • 初心者でも気楽に学べる環境
  • フレンドリーな人柄
  • 他の国に比べて安い
  • 留学後すぐにオセアニアでワーホリできる

では1つずつ詳しく説明していきますね☆

初心者でも気楽に学べる環境

フィジーの人たちの英語はとても分かりやすいです。

なまっている人も中にはいますがほとんどの人が聞き取りやすい英語です。

その理由として、彼らも学んで英語を習得しているから。

私たちと同じで子供の頃に学校で学んでいるんです。

フィジー語が一般的に使われている言葉ですが、英語も普通に使えます。

なので、初心者の方にはとてもおすすめの国です。

それに加えて初心者からの英語学習スタートだと先生たちも伝わるように丁寧に教えてくれます。

フィジー留学に来る多くの人たちは初心者の方なので初心者に合わせた授業に慣れています。

少しでも話せる人でもフィジー留学はありですが、そういう人たちは特に自分のやり方を伝えることが大切です。

どのような英語を特に学びたいのか、日常英語なのかビジネス英語なのか。接客英語を練習したいのか、、

どういう流れで授業していきたいか。具体的に詳しく伝えるとそれに合わせて先生も授業の内容を変えてくれる場合もあります。(マンツーマンだとこういう融通がきく場合が多いです)

フレンドリーな人柄

フィジーにいる人達はとてもフレンドリーです。

島国にいる人ってなんでこんなに優しいんでしょうかと思うほどに。

お店のスタッフの人や街にいる子供たちもいつも笑顔です。街の中がとても明るいです。

たとえ英語が苦手だとしても理解してくれようとしてくれます。

特に学校の先生は、日本人の性格を分かってくれているので、内気な方でもいつの間にかしゃべるのが当たり前になっている自分がいたりします。私がそうでした(笑)

とても面白おかしく会話をしてくれるのでこっちまで気持ちが明るくなります。

これはきっと、他の国の人柄ではなかなかない環境だと思います。沢山に人と話して仲良くなって楽しい生活が送れました!

他の国に比べて安い

留学ってなんといっても、お金がかかるイメージですよね。お金がないから留学いけないと思っている人もいると思います。

そんな人におすすめしたいのがフィジーです。

マイナーな国なので、なかなか知られていないですが、なんといっても安い!

これはフィジーの物価が安いことからです。

フィジーは1ドル約50円。

バス代や、外食なども日本の半額以下で利用することが出来ます。

そして、語学学校の費用ももちろんこの物価なので格安で英語を学ぶことが出来ます。

実際に他の国と比べてみましょう。

留学で人気の国 1か月の学費
カナダ 15~30万円
オーストラリア 20~30万円
ニュージーランド 20~25万円
イギリス 20~30万円
フィリピン 10~15万円
フィジー 10~15万円

圧倒的にフィジーが安いですよね。こんなに費用は違うのに英語のできる環境ということには変わりないんです。

フィリピンとはあまり値段は変わりませんが、ここでフィジーをおすすめする理由があるんです。それは次の項目で詳しくご紹介しますね。

留学後すぐにオセアニアでワーホリできる

なぜフィジーがいいかと言うと、留学後にワーホリを考えている人にとってとても立地のいい場所だからです。

ワーホリで、大人気のオーストラリアやニュージーランドに行くのに2時間かからないくらいです。

なので、すぐにワーキングホリデーに切り替えられます。

直行便もあり安く済みます。

フィジーからオセアニアへの飛行機の料金の確認はこちらがおすすめ!
旅工房で格安航空券を検索&予約



フィジー留学のデメリット

では次にフィジー留学をしてみてのデメリットをご紹介します。

大きく分けてこの4つ!

  • ホームステイ先は日本よりは快適ではない
  • 学校には日本人しかいない
  • 英語中級レベルになると他の国がいいかも
  • 日本人はお金持ちだから狙われやすい

ホームステイ先は日本よりは快適ではない

freenalife

フィジーは日中から夜もむし暑い日が多いです。

そのため、基本ホームステイ先の家は窓が広く開けっ放し。そして、簡易的なお家が多いです。

南国にあるような、雨しのぎのようなお家。寝泊りする分には得に問題はありませんが、日本と比べるとちょっと古びた感じかな。

汚いということではなく、家の作りも違うので思ってたのと違うと感じてしまう人もいると思うので、行く前に知っておいた方がいいかもしれません。

お風呂も温かいお湯がでる時とそうでない時があったり、、、

泊まる家によっても変わってきますが、フィジーは暑いので、私はそこまで気になりませんでした。

私がお世話になったファミリーはみんな優しかったです。

短期で行く分には、旅行で来ているわけではないし、英語を学びに来て、さらにフィジーの日常を体験できると思えば、それもいい思い出になりますし、良い経験でした。

潔癖という方や、不便は嫌だという方には向いていないかもしれません。

それも、体験してみたいという好奇心のある方や気にならない方はには、新鮮な体験ができ、なかなかできない生活なので1度経験してみてほしいです。

学校には日本人しかいない

フィジーにはおいくつか語学学校がありますが、どこも、日本人が経営している学校です。

そのため、生徒も日本人がほとんどです。若干名、韓国人や中国人といったアジア人がいるようですが本当にごく一部です。

クラス制もあればマンツーマンもあります。

周りに日本人がいる環境から少しでも日常的に英語を使いたいという人はコースの選択次第で、より英語を使える環境を作ることもできます。

私は日本人の友達は作らず、基本先生たちとばかり会話していました。

そして、おすすめはマンツーマンコースです。

マンツーマンにすることによって、すべての時間が自分のための英語の時間になるので、とても有意義な時間を過ごすことが出来ます。

クラスだとなかなか話せないという方でも、1対1なら必然的に話さなければいけない時間が増えるので、とてもおすすめです。

学校の生徒は日本人ばかりですが、行動次第では英語の環境で過ごすことが出来ます。

英語中級レベルになると他の国がいいかも

freenalife

ある程度英語を習得している方は、学校をきちんと選ぶ必要があるかもしれません。

フィジーは初心者でも気軽に行けるような国としてはおすすめですが、会話がある程度成り立つ場合は、

ニュージーランドやオークランドなどの国に様々な国から語学の勉強に来ている国での学習の方が上達は速く楽しいと思います。

フィジーだとちょっと物足りなく感じちゃうかも。

経験として、数週間いる分にはいいかもしれませんが、フィジー英語に慣れてしまうと、他の国に行った時に聞き取れないってこともあります。

それくらいフィジー英語は日本人からしたら聞き取りやすいし、ゆっくり会話してくれます。

これは、最初にもいいましたが、フィジーも日本と同じで英語は学校で習ってアスターしているから。普段はフィジー語が公用語です。

フィジー英語はとても分かりやすいので、さらにネイティブな英語をマスターしたい方は、ザ・英語圏の場所で学んでみましょう。

英語圏でおすすめランキングはこちらの記事にも書いているので合わせて読んでみてください☆

日本人はお金持ちだから狙われやすい【気を付けてほしいこと】

freenalife

フィジーの人からみた日本人はとてもお金持ちです。

フィジーで働いている人達の時給は日本の半分以上も下です。(語学学校の先生情報)

なので、街中を歩いていると視線を感じるし、声をすぐにかけられます。

その時あやしいなと思ったら無視してください!そして英語が分からないふりをする!!!

これにつきます!!!変に会話が進んでしまうとモノを勝手に渡してきて買うように促してきます(笑)

(←経験談です。買わないと言ったら去っていきました。)

  • バックも基本的には前にかけて、自分の見えるところに持っておきましょう。
  • 携帯もフィジーの人達からすると高級品なので、盗まれることが多いです。
  • すぐに取られるようなポケットなどには入れないように意識しましょう!!!

日本とは違う国であることを行く前に知っておいてほしいです。そして慣れたころに盗まれちゃうんです。

これはどこの国でもそですが、日本のような平和な国は限られています。異国の地にいる間は盗まれるのが当たり前だと思っておくくらいの意識が必要かもしれません。

そして髪はできるだけ暗めに。

これは、私の学校のルールでした。明るい髪色の人は特に狙われやすいそうです。フィジーの人は基本的に黒髪。

その中で金髪などの明るい髪の人は特に目立ちます。ルールになっているほどだったのでよっぽどですよね。

出来る限り現地になじむような恰好でということのようです。可能な人は、できるだけ暗い髪色にしておきましょう!


おすすめのフィジー語学学校【ベスト3】

freenalife

ここまで読んでみて、「フィジー行ってみたい!」「フィジーの生活あってるかも!」と感じた方へ、語学学校をご紹介します。

フィジーにはどのような語学学校があるのでしょうか!

ランキング形式でお伝えします。(詳しくはHPに載ってるのでリンクからご覧くださいね!)

カラーズ

 

カラーズの1番の魅力は色々な種類の授業コースがあること!

オンラインコースもあれば海外就職コースまで初心者の方から上級者の方まで自分にあったコースを選択することができます。

フリーバード

フリーバードは、フィジーのなかでも1番大きな語学学校になります。

そのため、手厚いフォローがあり安心です。東京・大阪でも留学説明会を開催しているので事前に学校情報を知る機会もあります。

ブルーウィル

ブルーウィルはこの中では一番安い学校です。

マンツーマンのみで初心者の方にお勧め!ちなみにわたしはブルーウィルにお世話になりました。

まとめ

今回はフィジーに1か月いってみて感じたメリット・デメリットについて、ご紹介してきました。

メリット デメリット
初心者でも気楽に学べる環境 ホームステイ先は日本よりは快適ではない
フレンドリーな人柄 学校には日本人しかいない
他の国に比べて安い 英語中級レベルになると他の国がいいかも
留学後すぐにオセアニアでワーホリできる 日本人はお金持ちだから狙われやすい

こんな感じです。

これは私が実際に行ってみての感想なので、人それぞれ思うこと感じることは違ってきますが

皆さんが気になるようなことをピックアップしてみました。

やはり、合う合わないはどの国にもあると思います。

特にフィジーは好き嫌いが分かれる国かなと思います。

安くて魅力的だけど、蒸し暑いのはちょっと無理、、、

初心者でも行けるなら行きたいけど、住む場所はこだわりたい、、、

などなど、あると思うのでどれを1番に優先するのかはあなた次第です。

ただ、私が経験してみて言えることは、なんでも行ってみたり、やってみたりしないと分からないってこと!

行く前と後では自分の価値観が変わっていたりすることは普通にあります。

特に、自分が無理だと思っていたことが案外気にならなかったり、嫌いなものが好きに変わったり、、

経験してみて分かることも沢山あるので、1度挑戦してみるのもいいと思います。

留学を考えている時点で、皆さんは挑戦者ですけど(笑)

不安な方は、1週間からでもコースはあるので、短期で挑戦してみるのもいいかもしれません。

【結果】フィジーに行ってみて良かった

freenalife

私はフィジーに1か月行ってみて良かったです。

得たことは沢山あります。

  • 日本とフィジーが違いすぎてこんな国もあるんだと思えた
  • 毎日こんな気持ちいい天気がいい
  • 子供立ちが沢山話しかけてくれて可愛い
  • 先生たちとこんなに仲良くなるなんて思わなかった

などなど

色々な新しい発見があって英語を学ぶだけではなく、人生経験としてもいい1か月になりました。すべてが新しいので毎日が刺激的でした。

フィジーは個人的にはかなりおすすめです。

リゾート地、観光地も沢山あるので、ぜひフィジーライフを送ってみてください!



  • この記事を書いた人

しい

自分の考えや価値観そして経験を生かした情報を発信しています!私のブログを読んで皆さんがフリーになれるようなそんな発信を心掛けています。

-フィジー, ワーホリ・海外旅行

© 2021 しいぶろ Powered by AFFINGER5