ニュージーランド 仕事

【最新】ニュージーランドのローカルカフェの仕事を見つける方法!レジュメ配りはもう古い!?

freenalife

こんにちは。しいです。

みなさん。ワーキングホリデーに行ったらどんな場所で働きたいですか?

一般的に多い求人は、ファームでのピッキングの仕事や、ツアーガイド、ジャパレスなどの飲食店そして、カフェなんかでも働けるんです!

でもどうやってその仕事を見つけるの?と思いますよね。私も初めは事前に調べに調べまくって情報を集めていました。

なので、今回はローカルカフェの仕事を見つける方法をここで全てご紹介します!

この記事に書いてある方法が全てです!これを読み終わったころには自分にあった仕事の見つけ方を見つけているはず!

事前に、ニュージーランドでのローカルカフェの仕事の見つけ方をマスターしておきましょう!

こんな方におすすめ

  • ローカルカフェの仕事をしたい!けどどうやって見つけたらいいの?
  • ニュージーランドにあるローカルカフェってどんな感じ?
  • できるだけ早く職場を見つけたい!

ニュージーランドでローカルカフェの仕事の見つけ方

freenalife

最初に言うと、ニュージーランドでのローカカフェ探しで1番手っ取り早いのはコネを作ることです。

正直これにつきると思います。

コネを作るって大変なんじゃないの?

と思っている人もいるかと思いますが、そう難しくはありません。

では、どうやってコネを見つけていくのか詳しくご説明します。

友達からコネ友へ【これが1番!】

freenalife

友達からコネ友へ。これは言い方にご語弊があるかと思いますが、ワーキングホリデーで来ている方は基本的に同じ思いです。

例えば、

  • 良い仕事を見つけたい、
  • 良い住居を見つけたい、
  • 良い旅行先を知りたい。

ワーキングホリデーで出会う人は、友達というよりは同じ環境で過ごしている仲間に近い感じです。

そして、様々な人たちがいるので、それぞれのコミュニティでそれぞれが知らない情報を持っていることが多いです。

なので知り合いを増やすことで、自分が得られる情報が増えそれが、ローカルの仕事を見つける道しるべになります。

仕事だけではなく、もちろん家探しにも旅行先への簡単な行き方などなど、かなり有益な情報を得られます。

気に入った店に通う【顔を覚えてもらう】

freenalife

2つ目は、お店に通ってコネを作る!

これは、かなり大きな情報をゲットできるチャンスです!

実際に、ローカルなカフェで働いているスタッフと仲良くなるとスタッフの人は横の繋がりが多いので、その仕事についての詳しいマイナーな情報を知っています。

そこで、スタッフと仲良くなるコツは、お店に通うこと!

簡単ですよね。これなら誰でも出来ます。まずは、顔を覚えてもらうことから始めましょう。

週に2~3回通うことで、スタッフの方から「今日も来てくれてありがとう」と声を書けれてくれることがあります。

スタッフになかなか勇気を出せず、話せない人でもニュージーランドに住んでいる現地の人達は、かなりフレンドリーです。

向こうから話しかけてくれることは日本ではありえないくらいに沢山あります。

そして、お店に通うことであなたは、お店に貢献しているのでお店側からしてもありがたいですよね。

毎回話すことによって仲良くなり、そこで自分の意志を伝えましょう!



そこのお店で雇われないことがあったとしても、スタッフさんと繋がっているお店があるかもしれません。

仲良くしていれば、あなたの性格や態度なども分かっているので雇ってくれる確率は大です。

私は、いくつか行きつけのカフェを作りました。というか、雰囲気も良くコーヒーも美味しいお店でしたのでいつの間にか行きつけに!

そこで良くしてくれたバリスタさんと仲良くなり、エスプレッソマシンでコーヒーの抽出なども経験させていただきました。

そこのお店は求人募集をしていませんでしたが、ネットには載っていないマイナーな求人情報をいくつか教えていただきました。

タイミングなどもありそこでの紹介では仕事を見つけることはできませんでしたが、自分1人では探すことができない情報を知っているのでとても助かりました。

他にも、行きつけのお店でなくてもバリスタの勉強をしているから見せてくれと頼んだら、中に入らせてもらって、直々にコツを教えてもらったりもしました。

快いスタッフさんばかりなので、気軽に声をかけると「もちろん、良いよ」と言ってくれます。

私は、カフェに行くたびにバリスタになりたいという話をしていたので、10カ所ほどのカフェではそれぞれのコーヒーの作り方を見せていただきました。

Facebookのコミュニティに参加する

freenalife

ポイント

地域ごとの職探しグループのようなものがあり、そこのコニュニティー内には沢山の仕事が掲載されてあります。

ローカルカフェを探すならとりあえず参加しておけば募集しているカフェをいつでも見つけることが出来ます!

シティごとによってグループが分かれているので、オークランドで見つけたい人はオークランドのコミュニティに、

クライストチャーチで働きたい人はクライストチャーチのコニュニティーに参加すれば毎日最新の求人情報が得られます。

コミュニティに参加しておくとこんないいことがあります。

ポイント

  • お店から直接雇いたいという連絡が来る
  • その地域に住んでいる人しか知らない情報が見れる
  • 求人サイトには載っていない情報が見れる



お店から直接雇いたいという連絡が来る

自分が「ローカルカフェ」で働きたいという記事を投稿したら、直接お店側からコメントで「うち、募集しているよ」というメッセージが2~3は必ず来ます。

タイミングにもよりますが、今すぐほしいというお店がコメントする傾向にあるので比較的、仕事探しには困らないかと思います。

ここで、気を付けておいてもらいたいことは、事前にそのお店の情報を調べておくこと!

中には、調べてもよく分からないようなお店があるので、地域から愛されているお店なのかはInstagramなどで調べて確認しておきましょう。

その地域に住んでいる人しか知らない情報が見れる

コミュニティ内の内容を見れるのは、参加者のみです。参加していない人は見ることが出来ません。(特にお金はかかりませんよ)

コミュニティには管理者がいて、その人からの承認をもらえば、参加することが出来るようになっています。

オークランドならオークランド情報が、クライストチャーチならクライストチャーチ情報が見れます。

そして、参加することでお店の人からだけではなく、すでに働いているスタッフさんからもコメントがくることがあります。

コニュニティーで、すでに仕事が決まっているけどまだコミュニティーにいる人達です。

優しい方は、コミュニティ上で仕事探しを一緒にしてくれることがあります。つまり拡散してくれるということです。

それによって自分の存在が多くの人達の目につくので、すぐにいくつかの良い求人情報は見つかるでしょう。

求人サイトには載っていない情報が見れる

何よりいいところは、普通に探しても得られない求人情報が沢山あるということ!

やはり海外も同様。求人サイトに載せるためには料金が発生します。

ですが、Facebookに載せる分には料金発生しないのです。

そのため、Facebookでのコミュニティにしか載せないお店が沢山あります。

特にローカルなお店になると個人経営が多い為、求人募集にお金をかけたくないというお店がほとんどです。

それに、求人を探している人にとってもFacebookコミュニティに参加していると直接オフぁがあったりするのでお互いにメリットしかありませんよね!

使わない手はないです!

ちなみに、投稿の参考例はこちら。

freenalife

このように探している職種や、ビザの期限、過去の経歴や資格など、自分が魅力的だと思われるような投稿を心掛けましょう!

この方はコメントが4つも来てます!

レジュメ配り【最終手段】

freenalife

これは最終手段です。

レジュメ配り!!

これは、本当の本当に色々試しても仕事が見つからないって時くらいで大丈夫です。

私がニュージーランドに来る前は、仕事の探し方と言えばこれだなと思っていたのですが、今はもう違います。

これまでお伝えしてきた探し方で十分に見つかります。

しかし、やっぱりどうしても見つからないことだってあります。

特にこんな人!

  • 秋や冬に仕事を探している人
  • 働き先にかなりのこだわりがある人



秋や冬に仕事を探している人

仕事を探していても求人募集が少ない時期もあります。

特に、ワーキングホリデーの入れ替わりが激しい、春、夏は基本的には帰国する人も多くいるので、その分募集も多くなります。

ですが、秋や冬はシーズンではないので、入れ替わりは少ない時期です。

一概には言えませんが、求人募集が少なくなるのは季節の影響もあります。

働き先にかなりのこだわりがある人

そしてかなりのこだわりを持っている人も難しい傾向にあります。

どうしてもここで働きたい!というお店があればレジュメを直接配った方が手っ取り早いです。

そこで「私はここで働きたい!!」という気持ちを直接感じてもらえればまずトライアルはさせてくれます。

ポイント

働く前に体験として働かせてくれるシステムのことです。ここで、マネージャーから認めてもらえれば雇われます。

お店によってはあるところとないところはありますが、無い場合でも「トライアルだけでもやらせてくれ」と伝えたら意外にOKを出してくれるお店もあります。

それが、仕事ゲットのチャンスになるかもしれません!

言い出せない方、勇気のない方、行動することによってかならず道は開きますよ!

行動力について悩んでいる方はこちらの記事を読んでみてください>>>行動することに悩んでいる方必見!

※仕事を始める人であればレジュメは必ず必要になります!

一緒に働く仲間になる人物としてふさわしい人なのかどうかは、レジュメでまず判断されます。(知り合いのコネになると不要の場合もありますが。)

なので、レジュメは必ず用意しておきましょう。

レジュメについては後日記事をアップしたいと思います。

日本人がよく働いているローカルカフェ【3店舗ご紹介!】

freenalife

ではここで、これからローカルカフェで働きたいと思っている方に最新情報をお伝えします!

ローカルカフェで働きたいけど、英語で聞くよりも日本人から有益な情報を知りたいという方へ、秘密にご紹介しちゃいます!

Remedy Coffee

 

この投稿をInstagramで見る

 

TRUEggs(@trueggs)がシェアした投稿

オークランド中心部にある1番有名で1番忙しいと言われるカフェRemedy Coffee。ここは、日本人のバリスタさんがずっと働いています。

過去歴代の日本人バリスタさんがとても上手で、マネージャーからの信頼が厚く雇う時も日本人を優先するようなカフェです。

バリスタ経験の高い方が働いているので1度行ってみて声をかけると情報を提供してくれるかもしれません。

RAD

マウントエデンにあるREDというカフェ!ここにも日本人のバリスタさんがいます。

アジア人が多く働いていますが、現地の人達からも大人気のカフェです!

落ち着いた午後あたりに行くとゆっくりとカフェ情報を教えてくれるかもしれません!


Eighthirty Coffee Roastery

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eighthirty Coffee Roasters(@eighthirty)がシェアした投稿

最後はEighthirty Coffee Roastery。

ここもNZにいる人なら誰もが知っているお店。

日本人スタッフが多く仲良くなれば一気に特別な情報をゲットできるかも!特にEigth thirtyは、大きいカフェなので横の繋がりが沢山あるかと!

行きつけになって繋がりを増やしてみてください!

まとめ

freenalife

いかがでしたでしょうか。

今回の内容をまとめると

  • コネを作る
  • お店に通う
  • Facebookジョブコニュニティーに参加する
  • レジュメ配りは最終手段

ローカルカフェはサイトで探すにはなかなか難しいジャンルの仕事です。

やはり1番いいのはコネです。

色々な人と出会ていく中で自分はローカルカフェで働きたいということを沢山の人に伝え、思いが伝わると周りも協力してくれるようになります。

まずは、自分の意志を固めて、それに向けて色々な方法で探してみてください。

行動していればきっといい仕事先が見つかります。

応援しています!頑張ってください!

NZワーキングホリデー情報について知りたいことがあればコメントでも受け付けております。

私にできることがあれば協力させてください!




  • この記事を書いた人

しい

自分の考えや価値観そして経験を生かした情報を発信しています!私のブログを読んで皆さんがフリーになれるようなそんな発信を心掛けています。

-ニュージーランド, 仕事

© 2021 しいぶろ Powered by AFFINGER5